時代とともに変化する子どもの習い事事情

徹底比較!今と昔の子供の習い事の違い

昔の習い事の実態

以前は誰がやっていても自然に感じていたけれど、最近なかなか聞かなくなったな、というような習い事は思い当たりませんか? 時代が流れていくにしたがって、習い事の人気不人気も少しずつ変化しています。どのような変化があったか、さっそく見ていきましょう。

昔は人気があったのに今は人気がない習い事とは?

まず、習い事という文化はいつから根付いたのでしょうか。

はじまりは、昔々の武士の時代に遡ります。
その時代はきちんとした講師による習い事は、高貴な武家にしか受けることのできませんでした。
月謝が払えない家の子は、教室など集団での稽古によって多くを学んだとされています。
時代が進むにつれ少しずつ裾が広がっていきました。
それでも男尊女卑の世の中では女子が習い事をするとは考えにくかったようです。

今では性別関係なく、さまざまな習い事を掛け持ちする世の中になりました。
子どもがいくつも掛け持ちしていることも決して珍しくなく、3つから4つの習い事をこなしていることも当たり前になってきたのです。
また、どんなことを習い事に選ぶかもどんどん幅が広がってきたといえます。
昔は武術だけだったのが、今では柔道や剣道に名残があるものの、他の事、例えばピアノやスイミングなどに移り変わってきたのです。

このように、時代が移り変わっていくにつれて子どもが受ける習い事にも大きな変化がもたらされました。
そしてこれからも引き続き新しい習い事が生まれ、人気のないものは少しずつ淘汰されていくのでしょう。

このサイトでは、昔は人気の高かった習い事、今人気の高い習い事を順にご紹介していき、今昔の違いを明確にしていこうと思います。
さらに、その違いによる子どもや時代の変化にも目を向けてみたいと思います。
習い事が時代によって変化していくことが、子どもにどのような影響力をもたらしているのでしょうか。

勉強?スポーツ?文化?

昔も今も様々な種類の習い事がありますが、そのバリエーションはというと時代が進むごとにどんどん増えていっていると言えるでしょう。 それでは、昔と今とでは、どのような差があるのかジャンル別にみていきましょう。 より具体的に習い事の変化を感じることができるでしょう!

子どもにとっての習い事

時代が変わっていくにしたがって、習い事もその時代に合ったもので、さらに子どもにとって必要な事だけが残っていっています。 実際に、習い事の種類が刻刻と変化していく中で、子どもたちや、子どもたち同士の人間関係などはどのように変わっているのでしょうか。